勃起力を向上させる食べ物

勃起力や精力を向上させるのに有効な食べ物の代表格がうなぎです。うなぎにはビタミン群やDHA、EPAや亜鉛などの成分が豊富に含まれています。スタミナアップに効くとも言われますが、実は性機能にも大きな影響を与える栄養素がたくさん詰まっています。まずビタミンAは粘膜や皮膚を乾燥から守る力があるため、生殖機能の働きが向上します。ビタミンEには体内の活性酸素を取り除いて勃起力促進に欠かせない血流を改善します。一見すると脂っこい食べ物という印象のあるうなぎですが、含まれている油は悪玉コレステロールを抑える作用があるので非常に健康的な食べ物と言えます。

にんにくも精力向上や疲労回復に効果的な食べ物です。アリシンや亜鉛、カリウムやアルギニンといった有効成分が含まれており、勃起力の増強にも力を発揮します。特にアリシンという成分には血管を拡張する作用があり、血管が丈夫になるので持続的に勃起するようになります。にんにくの1日の摂取目安量は2~3片ほどです。一旦火を通してから食べると効果的です。

大豆製品も勃起力の向上に欠かせません。大豆にはレシチンと呼ばれる有効成分が含まれており、主に脳の機能を活性化させます。脳の働きが活発になると五感が敏感になるので、性的な興奮が感じやすくなります。陰茎の勃起も脳の支配を受けているので、大豆を摂取して脳を活性化することは精力の増強にとって大切なことです。大豆製品の中でも納豆は特に効果が高い食べ物です。納豆にはナットウキナーゼという血の流れを改善する作用のある酵素が含まれており、勃起促進効果を高めてくれます。

メキシコでは古代人が使用していた言語で睾丸を意味する名前の食材がアボカドです。勃起障害を改善するために効果を発揮する栄養素が豊富に含まれた食べ物で、日本のみならず世界中で愛されています。精子の生成に役立つカリウムや鉄分が豊富で、他にミネラルやビタミンEなど、勃起力の向上に必要な男性ホルモンの分泌を促す成分もたっぷり入っています。

これらの食べ物は勃起力の向上のみならず、血管の疾患や生活習慣病の予防などにも効果があるため、積極的に摂取することをおすすめします。ただ、すぐに勃起力をアップさせたいからといって一度に大量に食べても逆効果となってしまうので注意してください。毎日適量を少しずつ摂取していくことによって、徐々に変化が現れるものだということを理解しましょう。

精液や男性ホルモンの生成に必要な亜鉛

亜鉛は生殖機能を維持させるために欠かすことのできない成分の一つです。一部ではセックスミネラルと呼ばれており、主に前立腺に存在している成分です。亜鉛が不足すると前立腺炎や精子の減少、勃起不全などの症状を引き起こします。亜鉛の吸収を阻害する食品添加物が含まれた食べ物を摂取する機会が増えた現代人は、特に亜鉛が不足しがちな傾向にあります。亜鉛は主にうなぎや貝類、スルメやエビ、牛やレバーなどに含まれています。他に玄米や全粒粉のパンにも含まれており、主食をこれらに変えるだけで不足しがちな亜鉛を補うことができます。ショウガも亜鉛が豊富なので、すりおろしたものを味噌汁や紅茶に入れて飲むと簡単に摂取できます。

血管拡張作用があるアルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、大きな血管拡張作用があります。人間は性的な興奮を感じると脳から勃起中枢神経に伝わって、神経から一酸化窒素であるNOを放出します。アルギニンにはこのNOの分泌量を増加させる効果があります。NOは血管に作用してcGMPと呼ばれる陰茎の海綿体を拡張する物質を作り出します。NOが増えればこのcGMPの量も増加するため、血流が改善して勃起力が向上するというわけです。アルギニンは主に大豆や玄米、レーズンや肉類、牛乳やエビ、魚介類などに含まれています。特にマグロやカツオにはアルギニンの吸収を良くするビタミンB6も含まれているため、アルギニン不足を感じている人は積極的に食べましょう。