中折れはED治療薬で改善しよう

EDは大人の男子にとって、非常に辛い体調不良の一つです。成人男性である以上、そのリスクは皆が潜在的に抱えており、ちょっとした事が原因で勃起力の慢性的な低下が起きます。また以前は50歳以上の年配の方々だけがEDになると考えられていましたが、最近では20代から40代の比較的若い世代にも深刻な症状を抱える人々が出てきました。

EDの主な原因は加齢による体力と精力の低下です。しかし、それはあくまで以前の見方であり、特に40代以下のEDは過労やストレスによって主に引き起こされています。労働環境の悪化が盛んに指摘されるようになりました。日本人男性は昭和の時代から明らかに諸外国の男性より働きすぎていました。それが平成の時代に入り、労働環境の改善が進められると思いきや、むしろ反対に休日出勤や長時間労働、そして若くして責任あるポストを任される等、若い世代の労働環境は劇的に悪化しました。

ごく普通の商社でサラリーマンとして勤務しているだけでも、いわゆる心因性EDを発症するのに十分な過労とストレスを受けます。心因性EDは年齢由来のEDとはやや性質が異なり、精神的な疲労の蓄積で、勃起力が著しく低下した状態ですので、厳密に言えばセックス自体は一応可能です。しかし、勃起力に非常にムラがあり、セックスを始めた直後は満足にピストンが出来たにも関わらず、突然ペニスが萎えてしまいます。俗にいうところの中折れという現象が頻発する、それが心因性EDの怖い点です。勃起力自体は何とか残っていても、毎晩肝心なところで中折れしてしまえば、健康的なセックスは楽しめません。また本人の意思とは別に、ピストンの真っ最中に中折れが頻発する事になりますで、男性側は射精の感覚を覚える前にベッドを離れる事になり、また女性もオーガズムに至る前にセックスが頓挫するため、双方が非常に不満を抱えたまま、楽しい夫婦生活が終わってしまいます。中折れが夫婦生活に暗い影を落とす事例は案外多く、不妊やセックスレスの原因になります。

ただ、心因性EDはED治療薬によって、効率よく改善させられます。ストレス由来の中折れは非常に自然治癒が難しい問題ではありますが、効果の高いED治療薬を利用すれば、文字通りその日の間に治せます。勃起したいのにペニスが立ち上がらない日が続く、勃起力は健在だが毎回決まって中折れによるセックスの中断が起きる、こういった点に心当たりがある方はED治療薬を一度試しましょう。

勃起を助ける3つのED治療薬

勃起をサポートするED治療薬に主に3つの系統があります。まずは言わずと知れたバイアグラです。世界で最も有名な男性向けの医薬品であり、即効性に優れた利点を持ちます。ほんの僅かな待ち時間でペニスを勃起させ、中折れのリスクを無くします。バイアグラは亀頭を短時間で太く固く勃起させられ、性生活の満足感も増します。

バイアグラの次に有名なのがシアリスです。シアリスは持久型のED治療薬です。即効性は少ないですが、たった一度服用するだけで24時間以上にわたり、勃起力を高められます。副作用の危険性も無く、シアリスは初めてED治療薬を飲む男性に適しています。また効果が実質的に2日以上続くため、週末すべてに渡って性生活を楽しみたい夫婦に最適です。

そして最後の系統ですが、レビトラというED治療薬があります。レビトラは即効性と持久性があるバランス型のED治療薬です。バイアグラのように短時間でペニスを固く太く勃起させられ、数時間にわたり中折れのリスクを無くします。シアリス程ではありませんが、レビトラは強力な作用を持ちながらも持久性に優れており、一夜にわたって効果切れを気にする事なく、性生活を楽しめるメリットがあります。また安全性もシアリス並であり、副作用の発生率が非常に低くて安心です。